手彫はんこの必要性

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

印鑑日本においては、はんこの持つ意味は非常に重要なものとなっています。日本での押印には外国人の方が行うサインと同じ意味がありますので、日常的にはんこを押す機会が多くあります。いわゆる認め印であれば、既製品の廉価なはんこであっても問題がないのですが、実印の場合にはそれは自分の分身のようなものです。そのため、押印することは法的な意味が非常に重大なものになります。そのため実印を押印する時には、自分の責任をきちんと理解して使用することが重要になります。

自分で納得して実印を使ったのであればいいのですが、それを偽造されてしまったり、悪用されてしまったりした場合には、大きな損失をすることになったり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も考えられます。ですから、偽造を避けるために実印は手彫りのはんこを使用するという選択肢もあります。また、盗難にあうことも避けなくてはなりませんので、実印の管理は厳重にした方がいいでしょう。

更には、実印の材質にもこだわりを持った方がいいでしょう。一生に渡って実印は使っていきますので、簡単に欠損してしまうような材質では、困ったことになってしまいます。さまざまな素材なはんこがありますが、例えばチタンなどの劣化の少ない材質は実印には適しています。